老けない後ろ姿の作り方!背中コアトレ3種目を紹介!

2017/03/15アバター

 

はいこんにちは高稲です!

 

コアトレというと皆さん「腹筋!」をイメージされると思います。

腹筋はもちろん大事なんですが、その裏にある背中も忘れずにケアしましょう!

 

背中が年齢を物語る!

不思議なもんで、だいたい後ろ姿を見ると若いか老けてるか判断できますよね!

若い時は運動量が多くて、全身を動かしているのでサビている部分がありません。

しかし年齢を重ねるにつれ、デスクワークばかりになったり、スポーツをしなくなったりするせいで、まったく使わなくなる筋肉も出てきます。

 

その老けたら使わない筋肉が背中に集まっています!

主に肩甲骨周りと腰回りがそうですね。

だから四十肩や腰痛になるわけです。

腰痛に関してはお尻や太もも、足首も関係していますが。

 

伸ばす・鍛えるの前に、まずは動かす事が大事!

じゃあ、背中のストレッチや筋トレをしよう!と思うかもしれませんが、まずは何よりもだた単に使う事が大事です。背中を動かす事ですね!

 

今回紹介する背中のコアトレはまず動かす事をメインにしています。

といっても、これをやったら大概の人が筋肉痛になります!

 

鍛えてないし・伸ばしてもないのになぜ筋肉痛になるのか?

普段まったく動かしていない筋肉です。ただ動かすだけで筋肉痛になるんです。

同様に鍛えていてもまったく伸ばしていない筋肉の場合は、ストレッチをするだけで筋肉痛になることもあります。

 

運動不足の人は、まず動かすことから始めよう!

まぁ、ただ動かすにしても効果的で効率的な動かし方の方が良いでしょうから、背中を動かす時は今回紹介したような動きを参考にして下さい!

その他、質問があれば「アットトリップを見た」と書いてYouTube動画のコメント欄に直接質問頂ければ極力お答え致します!

 

以上です!

 

P.S.

実はこの背中コアトレで、僕も今筋肉痛でびっくりしてますw

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ストレッチ | ダイエット | 筋トレ | 肩甲骨」をもっと詳しく

ストレッチ | ダイエット | 筋トレ | 肩甲骨

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。