肩こりや眼精疲労をストレッチで改善、デスクワークの方向け

肩こりを引き起こす原因とは? 肩こりを改善するストレッチ方法 眼精疲労を改善する方法 仕事中にできる肩こり対策 今日から始められる肩こり予防法 肩こりはデスクワークをする人に多く見られる悩みの一つです。本記事では、肩こりを引き起こす原因や肩こりを改善するストレッチ方法、眼精疲労を改善する方法、仕事中にできる肩こり対策、そして今日から始められる肩こり予防法などを紹介します。肩こりや眼精疲労に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

肩こりを改善するストレッチ方法

デスクワークをしている方は、長時間同じ姿勢でパソコンに向かうことが多いため、肩こりや首の痛みに悩まされることがあります。そこで、肩こりを改善するためにおすすめのストレッチ方法を紹介します。

1. 肩甲骨を動かすストレッチ

1. 椅子に座り、両手を肩の高さに上げます。

2. 両手を肩幅に開き、肩甲骨を寄せます。

3. 肩甲骨を広げるように開き、数秒キープします。

4. 元の姿勢に戻します。

2. 首をほぐすストレッチ

1. 座った状態で、右手を左耳にかけます。

2. 左手で右の肘をつかみ、ゆっくり左側に引っ張ります。

3. 15秒キープし、元の姿勢に戻します。

4. 反対側も同様に行います。

3. 肩を回すストレッチ

1. 座った状態で、両手を肩の高さに上げます。

2. 両手を握り、前方に突き出します。

3. 時計回りに肩を回し、10回繰り返します。

4. 肩を引き上げるストレッチ

1. 座った状態で、右手を頭の上に上げます。

2. 左手で右手首をつかみ、右側に引っ張ります。

3. 15秒キープし、元の姿勢に戻します。

4. 反対側も同様に行います。

5. 肩と首を同時にほぐすストレッチ

1. 座った状態で、右手で左耳をつかみます。

2. 左手で右の肘をつかみ、ゆっくり右側に引っ張ります。

3. 同時に首も左側に傾け、15秒キープします。

4. 元の姿勢に戻します。

5. 反対側も同様に行います。

眼精疲労を改善する方法

デスクワークをする方は、長時間パソコンやスマホの画面を見続けるため、眼精疲労に悩まされることがあります。そこで、眼精疲労を改善する方法を紹介します。

1. 20-20-20ルール

20分に1度、20秒間遠くを見て、20フィート(約6m)以上の場所に目をやるようにしましょう。

2. 点滅運動

1. 目を閉じ、深呼吸をします。

2. 目を開け、10秒間ゆっくりと周囲を見回します。

3. 目を閉じ、深呼吸をします。

4. 目を開け、10秒間ゆっくりと左右に目を動かします。

5. これを3回繰り返します。

3. パソコンの画面の調整

画面の明るさやコントラスト、フォントサイズなどを調整し、目に優しい環境を作りましょう。

仕事中にできる肩こり対策

デスクワークをする方は、仕事中に肩こりを予防するための対策を取ることが大切です。以下に、仕事中にできる肩こり対策を紹介します。

1. 肩を動かす

15分に1度、肩をゆっくりと回したり、上下に動かしたりするようにしましょう。また、机の上に手をついて、胸を開いたり、背中を反らせたりするストレッチも効果的です。

2. 正しい姿勢を保つ

デスクワークをする際は、正しい姿勢を保つことが大切です。椅子の高さや机の高さ、モニターの位置などを調整し、首や肩に負担がかからないようにしましょう。

3. ゆっくりと休憩を取る

長時間座りっぱなしで作業をすると、肩こりや眼精疲労が悪化します。15分に1度、立ち上がってストレッチしたり、目を休めるようにしましょう。

まとめ

デスクワークをする方は、肩こりや眼精疲労に悩まされることが多いです。しかし、日常生活で簡単に取り入れられるストレッチや簡単な対策を行うことで、症状を改善することができます。定期的なストレッチや適切な休憩を取り、健康的な生活を送りましょう。

アドバイス

デスクワークをする方は、肩こりや眼精疲労に悩まされることが多いですが、簡単なストレッチや対策を取ることで、症状を改善することができます。定期的なストレッチや適切な休憩を取ることで、身体の疲れを取り除き、健康的な生活を送ることができます。また、肩こりや眼精疲労がひどい場合は、医師の診察を受けることもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ