ホワイトカラーの生産性
   

ホワイトカラーの生産性

2015/04/17アバター

ホワイトカラーとは

ホワイトカラー(White-Collar 白い襟)とは、主に事務に従事する人々を指す職種・労働層を指す言葉。業務内容で、例えると、精神労働者になる。対義語にはブルーカラーが挙げられ、関連語にはサラリーマンが挙げられる。

ホワイトカラーの生産性が低い理由 – Joe’s Labo

 日本のホワイトカラー生産性は最低!?: ひとくちメモ


ホワイトカラーの生産性を飛躍的に高めるマネジメント―HPTの実践マニュアル


ホワイトカラーの生産性を飛躍的に高めるマネジメント―HPTの実践マニュアル

AMAZONで購入

著者は、この生産性を時間生産性として説明している。但し、生産性の分解式が面白い。能率性と効果性に分解していること。
能率性の追求が実益につながり、しかし、ホワイトカラーには能率性の追求以上に効果性の追求が期待されていること。そしてこの同時達成こそが、「ホワイトカラーの生産性の向上」と著者は言い切っている。ここが新鮮

ホワイトカラーの作業は一部を除いてどんどんアウトソーシングされています。
そんな中でホワイトカラー従事者が生き残っていくための手段をこの本は提供していくれていると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネタ」をもっと詳しく

ネタ

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。