投稿日と更新日

著者

2019年2月4日 生後53日

生後6週間を過ぎ、息子は泣くときに涙を流すようになった。
これまでは声だけで泣いていたのに。

昨日、はじめてのお出かけを経験したからか、今日のソラくんは一日の大半を寝て過ごした。
夕方、珍しくグズつき大泣きした。

途方に暮れながら夜の授乳を始める。
早く寝てくれることを祈って深呼吸する。

ふと視線を胸元に戻すと、ソラくんは目をつむったまま、一生懸命おっぱいを吸っている。

さっきまで大泣きをしていたソラくん。
目尻には大粒の涙が残っていている。

私はその涙を急いで拭った。
そして、どんな味がするのかと試しにぺろりと舐めてみた。

驚いたことに
赤ちゃんの涙もちゃんとしょっぱい味がした。
おっぱいしか口にしたことがないのに。

私の母乳がこの子の身体を作り、おしっこやうんちを作り、涙を作っている。
愕然とした。
このしょっぱい味の源も私なのだ。

ますますソラくんが愛おしく思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ