今までのサーチコンソールと新しくなったサーチコンソールの違い

2018/02/01アバター

サーチコンソールが新しくなり過去の16ヶ月のデータをみられるようになりました。
しかし、前回あったものが今回は、あるのかなどどんな項目の違いがあるのかわからなかったので自分なりにまとめておこうと思う。

以前までのサーチコンソールのダッシュボードのメニュー

メッセージ
検索での見え方
構造化データ
リッチカード
データ ハイライター
HTML の改善
Accelerated Mobile Pages
検索トラフィック
検索アナリティクス
サイトへのリンク
内部リンク
手動による対策
インターナショナル ターゲティング
モバイル ユーザビリティ
Google インデックス
インデックス ステータス
ブロックされたリソース
URL の削除
クロール
クロールエラー
クロールの統計情報
Fetch as Google
robots.txt テスター
サイトマップ
URL パラメータ
セキュリティの問題
Web Tools

新しくなったサーチコンソール

メニューは、、、、

ステータス
└パフォーマンス
└インデックス登録の対象
サイトマップ
のみ・・・
あとは、近日提供予定・・・

この状態では、古いもののほうが良い・・・・・

でもパフォーマンスで長期間でどんなキーワードで順位がどれくらいで表示回数クリック数などの遷移もわかるのでその部分はいいが・・・

構造化データなどのチェックは、できなくなっているのでちょっと残念。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Google Analytics」をもっと詳しく

Google Analytics

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントお待ちしております

avatar

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  Subscribe  
更新通知を受け取る »