次世代サービス「UQ WiMAX 2+(仮称)」の導入!更に速くなるのか!?期待が高まる。

2015/04/21アバター

UQ WiMAXが新しい企画を採用すると発表した。

LTEが出てから、LTEを使っている嫁のiPhoneの速さがうらやましくてしかたない。。

WiMAXは、総務省から割り当てられた20MHzの周波数割り当てをもとめている。

これが認められれば。。ってことになるのかな?!

認めてください。。

 

別紙の資料なんだが、、ちょっと僕には、よくわからない。。

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂 章雄、以下UQ)は、
2012年10月30日にWiMAX ForumがWiMAX Release2.1規格を発表したことに伴い、UQ WiMAXの次世代サービス規格として、WiMAX Release2.1規格を採用する方向で検討に入ることをお知らせします。

WiMAX Release2.1規格は現在UQが採用しているWiMAX Release1.0規格を含むこれまでのWiMAX規格との親和性確保と高速化、更にはTD-LTE方式との互換性確保によるエコシステム構築を目指した規格となっています。(別紙参照)

UQは2009年2月の事業開始以来、積極的なエリア整備とWiMAX Speed Wi-Fi (Wi-Fiルーター)などによりモバイル高速インターネット通信を提供して参りました。その結果、2012年9月末時点で人口カバー率は約93%、契約者数は362万加入となっております。

UQはWiMAX Release2.1規格の採用により、お客様に更に高速で快適なWiMAXサービス環境を提供すると共に、既に整備された日本全国規模のWiMAXエリアもシームレスに利用できる次世代WiMAXサービス「WiMAX 2+(「ワイマックスツープラス」仮称)」の提供の検討に着手いたします。

UQはデータ通信量の増大に伴う周波数逼迫に対し、総務省に新たな20MHz幅の周波数割当を求めており、WiMAX Release2.1をその新規周波数帯域に導入する予定です。

WiMAXでいつでもどこでも高速インターネットを。
UQはWiMAXでインターネットの新たな可能性をご提案し、サービスの充実およびエリアの拡大につとめてまいります。

次世代サービス「UQ WiMAX 2+(仮称)」の導入について | UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

次世代サービス「UQ WiMAX 2+(仮称)」の導入について | UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WiMAX」をもっと詳しく

WiMAX

についてもっと見る

コメント大歓迎

“次世代サービス「UQ WiMAX 2+(仮称)」の導入!更に速くなるのか!?期待が高まる。” への1件のコメント

  1. アバター attrip より:

    期待しちゃうよ