文章の素晴らしさを追求するポイント

投稿日と更新日

著者

文章の構造と論理性

  • 概要、本論、結論がしっかりと構造化されている
  • 論理的な筋道が通っており、前後の矛盾がない

文体の統一性

  • 文体(口調、単語の選び方、文の長さなど)に一貫性がある
  • 場面や対象に合わせた適切な文体を用いている

わかりやすさ

  • 平易な言葉遣いで分かりやすく書かれている
  • 難解な専門用語は適切に説明されている

的確な表現力

  • 伝えたいことを的確に表現できている
  • 言葉の選び方や比喩表現が巧みである

情緒的な魅力

  • 読む人の感情に訴えかける力がある
  • 想像力を掻き立てるような描写がある

文章の滑らかさ

  • 文と文のつながりがスムーズである
  • リズム感のある文体で読みやすい

素晴らしい文章には多くの要素が関係しますが、その根幹となるのは論理性とわかりやすさ、表現力の3つが大切だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ