ブログ内のYou Tubeの埋め込みを高速化するWP YouTube Lyte WordPressプラグイン

投稿日と更新日

著者

ブログ内のYou Tubeの埋め込みを高速化するWP YouTube Lyte WordPressプラグインについて簡単に紹介。

WP YouTube Lyte WordPressプラグインの説明

WP YouTube Lyte は、レスポンシブな「Lyte YouTube 埋め込み」を挿入することで、動画を「遅延読み込み」します。一見普通の YouTube の埋め込みに見えますがクリックされた時だけ、「重い」YouTube プレーヤーを呼び出すことで、ダウンロードサイズと描画時間を大きく減少させます。

複数の YouTube 動画が同じページにあればページの反応は飛躍的に向上します。またサムネイルを自分のサーバーにキャッシュすることで、パフォーマンスとプライバシーを共に向上させます。Lyte YouTube 埋め込みは、YouTube のサーバーへのリクエストを行わないため、おそらく (私は弁護士ではないですが) GDPR コンプライアンス (一般データ保護規則) の上でより良いでしょう。

本プラグインは、WordPress コアの oEmbed (埋め込み) を引き継いで通常の YouTube のリンクを拾います。動画や再生リストへの YouTube リンクを http(s) の代わりに httpv として追加したり、Lyte ウィジット をサイドバーに追加すると、WP YouTube Lyte はそのリンクをパフォーマンスに最適化したコードで置き換えます。

WP YouTube Lyte – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

なるほど。確かに読み込みの速度に課題を感じていたので良さそうなので試してみた。

こちらを入れた後のデータしかないので時間があれば読み込み時間の変化をだしたい。
あと、このプラグインを入れるためには、Youtube APIキーが必要なのだが

どのAPIかに若干悩んだ。
答えは、YouTube oEmbed APIでした。

高速化されたかをテストするためにここにYouTubeを埋め込みます。

かぼちゃを植えたので後で見たい。

ちょっと表示が変わるが速度が速くなるならやっても良いかも?

カボチャの育て方は最初が肝心・親ヅル摘芯と子づる2本仕立てのやり方 21/5/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ