オペルクリカリア・デカリー針金かけ

剪定の次は、針金かけです。
形を整えて作りたい形にします。

2mmのアルミ製の針金を使いました。100円ショップでも売っています。

針金かけ

枝に巻きつけるように針金をかけます。
枝と同じ細さぐらいの針金がちょうどよいされています。
巻き付けたら曲げます
両手を近づけてゆっくりと曲げます。
下手くそだったので太い木は・・・
もう少し太いアルミを使うべきでした。銅製のものが良いとされています。
同じより少し太いくらいのものなら自由に形が変形できました。

やってみると意外と思い通りに曲がりました。楽しいのでやってみるといいですよ。

attrip

一番上の枝を曲げ左側の下の枝も横に流すようにしてまとまめました。
もともとのデカリー
皿部剪定前のデカリー

比較:針金かけ前と後

針金かけ前
針金かけ後

針金かけをしたことで全体的に引き締まった印象になりました。

ごちゃごちゃしていた枝もバランスよくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ