作り置きももちろんOK!やわらかジューシーなタンドリーチキンのレシピ

2018/09/08momo

大人も子どもも大好きなタンドリーチキン。味をつけてオーブンで焼くだけのカンタン料理なのに見栄えもバッチリです!
作り置きして冷凍しておけばお弁当にも大活躍!急なお客様やちょっと1品欲しいかも!というときにも便利です。

材料

※作り置きのために多めに仕込んでいます。当日食べる分ならこの半量でOK。作り置きの仕方は後述。

・鶏もも肉 大きめ4枚(胸肉でもOK)
・にんにく 2かけ(すり潰すかみじん切り)
・プレーンヨーグルト 大さじ8
・オリーブオイル 大さじ2
・カレー粉 大さじ2
・ケチャップ 大さじ2
・蜂蜜 大さじ1
・醤油 大さじ1
・塩 小さじ2/3
・胡椒 少々
・ナツメグ お好みで(私はナツメグが好きなので大さじ1)
・パプリカパウダー 大さじ1(なくてもOK)
・ローリエ 1〜2枚

作り方

【前日】
※時間がないときや当日食べたいときは30分ほど漬け込んでください。前日から漬け込んだ方が味はしっかりつきますが、30分漬けたものでも美味しく食べられます。

1.鶏肉をちょうどよい大きさに切り、材料を全て混ぜて漬け込む。
この時、冷凍保存したい分は別のジップロックに小分けしておくとよい。その場合、それぞれにローリエを入れる。

【当日】
※作り置きしたい場合は先に下を読んでください。

2.オーブンを220℃に予熱し、その間に天板にクッキングペーパーを敷き、皮を上にして鶏肉を並べておく。

3.220℃で14〜16分ほど焼く。
大きめに切った場合は10分ほど経ったところで一度ひっくり返すとよい。

出来上がり!!

作り置き その①

【後日、焼いて食べたい場合】
→前日より漬け込んだものをジップロックごと平らにして冷凍庫へ。1ヶ月くらい余裕でもちます。使う時は前日から解凍して使う。
解凍したあとの焼き方は同じ。

作り置き その②

【後日、お弁当に使いたい場合】
→焼いて、粗熱をとってから小分けして冷凍。
使うときは自然解凍して、お弁当にポン!

子どもも食べられる辛さ控えめなレシピなので、カレー粉の量をご自分の好みにアレンジするのも楽しいですよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お弁当記録」をもっと詳しく

コメント大歓迎

コメント

avatar

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  Subscribe  
更新通知を受け取る »