10階建ての震動破壊実験、震度6の被害とは?
   

10階建ての震動破壊実験、震度6の被害とは?

2016/08/22

10階建ての震動破壊実験、震度6の被害とは?

大地震による中高層マンションなどの損傷過程を検証する実験が、三木市の実験施設「E-ディフェンス」であった。同様の実験では世界最高の27.45メートル(地上10階建て)の鉄筋コンクリート建造物が、震度6強の揺れで一部にひびが入った。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

地震」をもっと詳しく

地震

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。