東日本大震災の時に日本に200億円もの支援金を送ってくれたのが台湾だということを忘れちゃいけない
   

東日本大震災の時に日本に200億円もの支援金を送ってくれたのが台湾だということを忘れちゃいけない

2018/02/07

東日本大震災の時に日本に200億円もの支援金を送ってくれたのが台湾だということを忘れちゃいけない。海外からの義援金では、米国に次ぎ二番目の義援金を送ってくれた。

台湾の様子

台湾でM6.0地震 ホテルなど複数の建物が倒壊(18/02/07) – YouTube

東日本大震災の時の台湾の義援金について

一人あたり1217円も寄付してくれた。

義援金を呼びかける特別番組を作り義援金を集めていた。

どこに義援金を送ればいいのか?

日本赤十字社に送るのが良さそうだ。

なぜこんなに多くの義援金を送ってくれたのか?

“近隣の人が困っていたら助ける”という考え方 があったからだ。

「台湾の人たちはもともと持っているものとして、“近隣の人が困っていたら助ける”という考え方があります。たとえばスマトラ沖地震のとき、私のまわりにも何人か日本円にして2万~3万円とかを当たり前のように寄付している人がいました。我々の感覚からすると、なかなか理解できないかもしれませんが……」

なぜ台湾は震災直後の日本に200億円もの義援金を送ってくれたのか――台湾在住30年の日本人作家が語る | 日刊SPA!

なぜ台湾は震災直後の日本に200億円もの義援金を送ってくれたのか――台湾在住30年の日本人作家が語る

日本赤十字社に義援金を

まだ特設ページは、ないがもう少ししたらできると思います。
義援金先での詐欺もあるそうなのでちゃんと場所を選んで義援金を。

日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

地震」をもっと詳しく

地震

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。