モーツァルト「渾身の名曲で何故皆寝てしまうのか」

2017/02/28アバター

81VDaop7qIL._SY470_

モーツァルト

「渾身の名曲で何故皆寝てしまうのか」

 

モーツァルトの曲を解析するとその周波数がよく使われていて、小川のせせらぎや風のそよぎのような「1/fのゆらぎ」で感じられる為と言われている。

 

モーツァルトの中でもよく眠れる曲

Mozart:Violin Concerto No.4 K218

小学校では、モーツァルトを流して昼寝の時間を作る学校も

[吉岡小の「昼寝タイム」]給食、清掃活動後の午後1時15分から昼休みまでの15分間、教室のカーテンを閉め、机にうつぶせになって寝る。BGMにモーツァルトの曲が静かに流れる。眠くない場合は目をつむるだけでいい。

昼寝効果?午後眠い減少 保健室訪問も減る (河北新報) – Yahoo!ニュース

良い睡眠をとるためには、ストレスを軽減し睡眠を導く規則正しい生活習慣を取り戻すことが肝要ですが、なかなかそれも困難な状況にあります。モーツァルトの音楽には、周波数分析を行うと、およそ3500ヘルツ以上の高い音が小川のせせらぎのようなゆらぎという音の特性とともに、バランスよく含まれています。

モーツァルトの音楽はなぜ不眠症の改善に良いのか

 

B0011J2R0K

Mozart: Symphonies 38

スポンサーリンク

スポンサーリンク

音楽」をもっと詳しく

音楽

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。