世代別のスマホ使用時に見るニュースサービス2016年考察
   

世代別のスマホ使用時に見るニュースサービス2016年考察

2016/03/11アバター

世代別のスマホ使用時に見るニュースサービス2016年

このデータが氣になったので自分が気になる部分だけ考察。

株式会社LINEが1682サンプルから作ったデータが発表された。
期間は、2016年2月26日~2016年2月29日

僕に関係ありそうなのは、スマートニュース。

このサイトは、スマートニュースでも配信されることがあるのでそこだけに着目したい。

傾向として50代60代など年齢が高めの人に人気のニュースサイトになっているようだ。

逆に50代60代の人たちは、2chまとめサイトを好んで見ていないようだ。

 
また、ぼくは、LINEやYahoo!には配信できないので次に掲載されるのを狙うとしたらGoogleニュースかNAVERまとめにまとめられるような少し役に立つ記事にするということかな。

うーん。

またLINEの発表によるまとめでは
・30代、40代のミドル層は、仕事やプライベートで多忙な方が多く、スマートフォンやテレビ、パソコンなど多様なデバイスを使って必要なニュースを積極的に探し、取得する傾向が強い。

・50代以上の層は、新聞やテレビ、ポータル型ニュースサイトなど従来型のニュースサービスを数多く利用し、多様なニュースを閲覧している。

とまとめている。

via LINE調べ

プライベートで多忙なひとが少し笑えるほっとした情報を伝えたいものです。

また、もし若者をターゲットにしてサイトをつくるのならこの記事が参考になると思う。
Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」 | TechCrunch Japan
Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウェブサイト紹介 | データ」をもっと詳しく

ウェブサイト紹介 | データ

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。