PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化。。むむむ!!

2015/04/14アバター

発がん黄砂

PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化。。むむむ!!

大気中の汚染物質PM2.5と黄砂が混ざると、より発がん性が高い物質に変化することが金沢大学などのグループの研究で分かり、研究グループは「PM2.5と黄砂が、共に多く観測されるこれから4月ごろまでは、より注意が必要だ」と呼びかけています。

金沢大学医薬保健研究域薬学系の早川和一教授らの研究グループは、毎年春の黄砂が多く飛んでくる時期に、PM2.5の中でも発がん性が極めて高いとされる「NPAH」と呼ばれる物質の濃度が高くなることに着目しました。
そして、大気中に含まれる「窒素酸化物」とPM2.5に必ず含まれる「PAH」が入った容器に黄砂を入れて拡散させる実験を行ったところ、NPAHに変化することが分かったということです。
NPAHは、多くの研究者の実験で肺がんなどを引き起こすリスクがPAHよりも100倍以上高いことが示されています。

PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化 NHKニュース

PM2.5の情報を調べる

PM2.5分布予測 – 日本気象協会 tenki.jp

黄砂の情報を調べる。

気象庁 | 黄砂情報

 

黄砂が多いやPM2.5が多いって時には

両方チェックしてみてもいいかもね。

 

関連情報

PM2.5より怖いPM0.5が飛来。対策には『PFE』がついたマスクが有効

 

PM2.5より怖いPM0.5が飛来。対策には『PFE』がついたマスクが有効の写真

BMC フィットマスク (使い捨てサージカルマスク) レギュラーサイズ 白色 50枚入

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ぼくのこと」をもっと詳しく

ぼくのこと

についてもっと見る

コメント大歓迎

“PM2.5と黄砂 発がん性高い物質に変化。。むむむ!!” への1件のコメント

  1. アバター attrip より:

    ダブルパンチでガンに。。うへうへ