札幌雪まつり2018、 FFのプロジェクトマッピングがクオリティが高すぎると話題に

札幌雪まつり2018、 FFのプロジェクトマッピングがクオリティが高すぎると話題になっていました。

 大雪像「ファイナルファンタジーXIV“白銀の決戦”」があるのは大通会場西4丁目のSTV広場です。陸上自衛隊が、5トン(トラック約650台分)の雪を使い、幅22メートル、高さ15メートル、奥行15メートルのサイズに仕上げました。
 

札幌雪まつり2018、 FFのプロジェクトマッピングがクオリティが高すぎると話題になっている動画

 

公式サイト

さっぽろ雪まつり公式サイト|SAPPORO SNOW FESTIVAL
http://www.snowfes.com/

ひとこと

プロジェクションマッピングとの融合いいですね!素敵!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ