キース・ヘリングのiPhone4/4S対応ケースの紹介

2015/08/13アバター

キースヘリングバージョンのiPhoneケースが売っていた。
これかっこいいね!

B0058ZQQ3W

キースへリングとは

(via Keith Haring Coloring Book | Partners & Spade)

キース・ヘリング(Keith Haring、1958年5月4日 – 1990年2月16日)はアメリカの画家である。ストリートアートの先駆者とも呼べる画家で、1980年代アメリカの代表的芸術家として知られる。シンプルな線と色とで構成された彼の絵は日本でも人気があり、キースの作品をプリントしたTシャツがユニクロなどから販売されるなど広く知られている。ペンシルベニア州リーディングに生まれる。1980年にニューヨークの地下鉄構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くというサブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動を始めた。そのシンプルな線でリズミカルに書かれた絵はニューヨークの通勤客の間で評判となり、キースの名が知られるようになった。ニューヨークの画商トニー・シャフラジの支持もあって、数回の個展を開催して知名度を上げる。その後、ニューヨークのマンハッタン、シドニー、メルボルン、リオデジャネイロ、アムステルダム、パリなどで壁画を製作するなど公共空間での活動を多く行なった。ベルリンでは、ベルリンの壁の有名なチャーリー検問所の壁に絵を書いている。ジャン・ミッシェル・バスキアやアンディー・ウォーホルとも親交が深かった。また社会貢献活動を多く行ない、AIDS撲滅活動や恵まれない子供たちへの活動で知られている。特にキース自身がHIV感染者だったこともあり、作品を通じてAIDS感染を防ぐメッセージを出すなどしAIDS撲滅活動に積極的に関わった。Act Against AIDS(AAA)の最初のポスターを描いたのも彼である。1990年、31歳の若さでエイズにより死亡した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

iPhone」をもっと詳しく

iPhone

についてもっと見る

コメント大歓迎

“キース・ヘリングのiPhone4/4S対応ケースの紹介” への1件のコメント

  1. アバター Daryl Franz より:

    くっ、くやすい・・・・
    このケース使いたさにiPhone買う奴いるはずだ。。。