プロンプトのコツ“RELIC”

プロンプトのコツ“RELIC”は、どこかの記事でプロンプトエンジニアとして5000万円の収入がある人が大切にしている考えです。

プロンプトのコツ“RELIC”

1「Role」 AIに役職を与えること
2「Exclusion」 含んで欲しくない情報をあらかじめ伝えること
3「Length」 何文字以内で回答して欲しいか長さを設定すること
4「Inspiration」 URLなどを入力してAIに実例を示すこと
5「Context」 質問の意図や背景を明確にすること

これらの要素は、プロンプトを明確かつ効果的に作成するために重要な役割を果たします。
以下に、それぞれの要素の重要性と理由を説明します。

プロンプトのコツ“RELIC”それぞれの意味。

  1. 「Role」(役職):AIに役割を与えることは、プロンプトの回答に特定の視点や側面を持たせるために重要です。役職は、AIが特定の立場から情報を提供したり、特定の役割を果たしたりすることができるようにします。これにより、回答の焦点を絞り、より具体的な情報を得ることができます。
  2. 「Exclusion」(除外):含んで欲しくない情報をあらかじめ伝えることは、AIが適切な回答を生成するために重要です。明示的に除外する情報を指定することで、AIが特定の方向に進むのを防ぐことができます。これにより、回答が不要な情報を含まないようにすることができます。
  3. 「Length」(長さ):AIに回答の長さを制限することは、特定の情報を簡潔にまとめるために重要です。回答の長さを設定することで、冗長な回答を避け、必要な情報だけを得ることができます。また、回答の長さを制限することで、AIの出力が過度に複雑化することも防ぐことができます。
  4. 「Inspiration」(インスピレーション):AIに実例を示すことは、より具体的で適切な回答を得るために重要です。AIは過去の情報やデータを学習していますが、特定の質問に対して具体的な例や参考情報を与えることで、より正確な回答を生成することが期待できます。URLや他のリソースを提供することで、AIがそれらを利用してより適切な回答を作成することができます。
  5. 「Context」(文脈):質問の意図や背景を明確にすることは、AIが正確な回答を生成するために不可欠です。AIは特定の文脈を理解することができないため、質問者が求めている情報や特定の背景情報を提供することが重要です。これにより、AIがより的確な回答を生成し、質問者の要求に応じることができます。

これらの要素をプロンプトに組み込むことで、AIに対して明確な指示を与え、より正確で適切な回答を期待することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ