1年間でカップ焼そばのキャベツが捨てられている量は、4.17トン。「キャベパンパンプロジェクト」

2018/03/13アバター

キャベパンパンプロジェクトは日産自動車が推進する、エンジンルーム内等に猫が入り込むことにより起こる事故を防止する啓発活動「#猫バンバン」プロジェクトとの、コラボ企画として食品ロス低減を呼びかけるものです。
https://twitter.com/nissin_u_f_o/status/973032420638273536/

1年間でカップ焼そばのキャベツが捨てられている量

日清食品が実施した「カップ焼そばのキャベツに関する調査」により、日清焼そばU.F.O.からだけでも、1年間に約4.17tものキャベツが捨てられていることが判明しました。

参考データ
▼#キャベバンバン PROJECT 特設サイト
http://www.nissin-ufo.jp/banban/

WEB動画「#キャベバンバン」動画

#キャベバンバン PROJECT MOVIE by NISSIN #KnockKnockCabbages – YouTube

「カップ焼そばのキャベツに関する調査」結果サマリー

・年間約4.17t、U.F.O.から捨てられるキャベツがある。
 ※年間の販売数量とフタ裏につくキャベツの平均枚数などをベースに算出。
 ※湯戻し後のキャベツの重量で換算

・フタ裏キャベツ付着、日本人の9割以上「経験あり」。
 ※カップ焼そばを食べたことがある日本人

・フタ裏に付着するキャベツの平均枚数は、4.8枚。

・若者のキャベツ離れが深刻化。団塊世代は、キャベツ愛が強い結果に。
 ※団塊世代は60代、若者は20代。

・農業が身近ではない関東人はキャベツに冷たい!
 キャベツを食べきらず、捨てる人が多いという結果に。

・日本列島、キャベツとレタスならキャベツ派が圧倒!
 関西地方はレタス派が多いことも判明。

・キャベツがフタ裏につかないよう工夫している人ほど、
 #猫バンバンもしている!

・キャベツ愛が強い人の割合は、日産自動車ユーザーが最も高い!
・高所得者は、キャベツを落とす。
 年収1,000万円以上の人は、
 しっかりキャベツを落とす人が圧倒的に多いことが判明。

インターネット調査概要

調査期間:2018年2月22日(木) ~2018年2月23日(金)
調査対象:インスタント焼そばを食べたことがある 全国の20代~60代の男女500人

ひとこと

確かに、焼きそばの蓋についてるキャベツってそのまま捨てがちだ。
キャベパンパンを僕も実施しようとおもう。

もったいない。

▼#キャベバンバン PROJECT 特設サイト
http://www.nissin-ufo.jp/banban/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おもしろ動画」をもっと詳しく

おもしろ動画

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。