HIP HOPのコンサートに、手話通訳の人が一緒にぶち上がって作り上げてる感じ、カッコ良過ぎると話題に

HIP HOPのコンサートに、手話通訳の人が一緒にぶち上がって作り上げてる感じ、カッコ良過ぎる。とツイッターで話題になっています。

ヒップホップと手話の融合かっこいい!

コメントが途中で終わって、伝えたかったポイントがズレてしまったみたいですが、例え耳が不自由であったとしても音楽を自由に’聴く’ ‘感じる’権利は誰もが与えられていて、言葉で楽しめる音楽が存在しているからこそ、改めて歌詞は大事と反省。
そして目に見える形として感動を共有した通訳者に拍手

アメリカでは[音楽の歌詞を専門に通訳する手話通訳士]が職業として成り立っている

ひとこと

音楽を音が聞こえないひとにもクールに表現して伝えるというのは、とても素敵!!
こういうのが日本でも広まるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ