ドカベン山田の銅像はケツバットガールという遊びが流行し、作者の水島先生が撤去依頼をしたがいまでも新潟市最大の観光名所

2018/11/24アバター


ドカベン山田の銅像はケツバットガールという遊びが流行し、作者の水島先生が撤去依頼をした。しかし、なんとかいまでも銅像は残っているようです。新潟市最大の観光名所です。

ケツバットガールの話題のツイート

ケツバットガール動画

【話題】ケツバットガール画像集 – YouTube

ケツバットガールの存続危機

撤去の申し入れがあったのは、新潟市中央区古町通5番町にある新潟市出身の漫画家、水島新司さんの代表作「ドカベン」や「あぶさん」など、7つのキャラクターの銅像です。銅像は商店街の振興組合が活性化を目的に平成14年に設置したもので、長年シンボルとして観光客にも親しまれてきました。

市によりますと、キャラクターの著作権の使用料は水島さんの厚意で無償でしたが、ことしに入って、著作権を管理する水島さんの事務所側から、「著作権を見直すに当たり、銅像を撤去してほしい」と、振興組合に申し入れがあったということです。

ドカベン銅像 水島さん事務所が撤去申し入れ NHKニュース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ツイッターで話題」をもっと詳しく

ツイッターで話題

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。