京浜東北線でドイツのトップ・オーケストラのメンバーがゲリラライブ!しかし賛否両論の声

終電の 京浜東北線内でトロンボーンを演奏する外国人たちの動画が話題になっています。動画に対するコメントは賛否両論で「うるさい」「迷惑」「日本ではダメ」など批判的なコメントから「演奏うますぎ」「プロの演奏がただて聞けて羨ましい」「日本もこんなのが許容される社会ならいいのに」「こういうのに怒る人が子供の声がうるさいとクレーム入れたりするんだろうな」など肯定的なコメントも寄せられています。

実は演奏している方々は、ドイツの「トロンボーン・ユニット・ハノーファー」という有名なユニットの方々。ドイツのトップ・オーケストラに所属し、各オーケストラで首席のメンバーもいます。

僕的には、もっとこういうのが許容される社会になって欲しいなぁ。

2008年、ドイツ音楽コンクール出場の際に結成。ハノーファー音楽演劇大学で学んだ9人の若いトロンボーン奏者で構成され、いずれもドイツのトップ・オーケストラに所属する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ