京浜東北線でドイツのトップ・オーケストラのメンバーがゲリラライブ!しかし賛否両論の声

2019/07/04アバター

終電の 京浜東北線内でトロンボーンを演奏する外国人たちの動画話題になっています。動画に対するコメントは賛否両論で「うるさい」「迷惑」「日本ではダメ」など批判的なコメントから「演奏うますぎ」「プロの演奏がただて聞けて羨ましい」「日本もこんなのが許容される社会ならいいのに」「こういうのに怒る人が子供のがうるさいとクレーム入れたりするんだろうな」など肯定的なコメントも寄せられています。

実は演奏している方々は、ドイツの「トロンボーン・ユニット・ハノーファー」という有名なユニットの方々。ドイツのトップ・オーケストラに所属し、各オーケストラで首席のメンバーもいます。

僕的には、もっとこういうのが許容される社会になって欲しいなぁ。

2008年、ドイツ音楽コンクール出場の際に結成。ハノーファー音楽演劇大学で学んだ9人の若いトロンボーン奏者で構成され、いずれもドイツのトップ・オーケストラに所属する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

音楽」をもっと詳しく

音楽

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントお待ちしております

avatar

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  Subscribe  
更新通知を受け取る »