Bluesky のFAQページを翻訳してみた 

投稿日と更新日

著者

Frequently Asked Questions – Bluesky
https://blueskyweb.xyz/faq

よくあるご質問

Blueskyとは何ですか?

Blueskyは、ソーシャルネットワークを電子メールやブログ、電話番号のように機能させることができる、公開会話用のプロトコルを構築しています(オンライン生活の残りの部分を支えるオープンシステム)。私たちが構築したプロトコル「ATプロトコル」は完成間近で、Blueskyアプリはそのプロトコルの機能を紹介するために作られたマイクロブロギングクライアントです。また、Blueskyアプリは、ATプロトコルを使ったソーシャルウェブの仕組みを紹介するものでもあります。

ATプロトコルの目標は、誰もがブログを開設したり、RSSを使って複数のブログを購読することができた、ウェブの初期に近い形で、現代のソーシャルメディアやオンライン上の公共の会話ができるようにすることです。これにより、ソーシャルメディアにおける実験と革新の新時代を切り開くことができると私たちは信じています。研究者やコミュニティは、ソーシャルネットワークが現在直面している問題の解決に協力するために飛び込むことができるようになり、開発者は多くの新しいインタラクションの形を実験することができるようになるでしょう。

従来のソーシャルネットワークは、中央の権威を持つ閉鎖的なプラットフォームであることが多かった。そのような企業を支配する少数の人々がいて、ユーザーがどのようにプラットフォームを利用し、開発者が何を構築できるかを完全にコントロールしているのです。このようなプラットフォームでは、ユーザーとして退会しようとすると、そこで築いた人脈やコンテンツがないまま、ゼロからやり直さなければならない。開発者としては、新しいアプリを作ろうとすれば、ネットワーク効果を乗り越えてソーシャルグラフを一から作り直さなければなりませんし、これらの企業のAPIを利用して構築しようとすれば、瞬く間に切り捨てられ、会社を消滅させられてしまいます。クリエイターであれば、何年もかけてオーディエンスを作り上げたのに、プラットフォームがルールを変えた途端、そのオーディエンスを得られなくなってしまうかもしれません。

ATプロトコルは、このような状況を変えることができます。

ATプロトコルとは?

ATプロトコルは、ソーシャルアプリを構築するためのオープンソースのフレームワークであり、どのように構築され、何が開発されているのかについて、人々が透明性を持つことを意味する、公共の会話のためのプロトコルです。ソーシャルアプリのユーザーID、フォロー、データの標準フォーマットを作成し、アプリの相互運用とユーザーがアプリ間を自由に行き来できるようにします。アカウントのポータビリティを備えたフェデレーテッド・ネットワークである。

ソーシャルプラットフォームでアカウントを作成するたびに、新しい街に引っ越してくるようなものです。友達を作り、投稿を作るわけですから、自分の作った家具で家を埋めるようなものです。しかし、中央集権的なソーシャル・プラットフォームでは、もしあなたが離れてしまったら、友達を全員残して連絡を取ることもできず、何も持っていくことができずに家を出ていくようなものです。中央集権的なサイトを離れて、ゼロからやり直すのはとても大変なことです。

ATプロトコルは、基本的に人々が都市間を移動できるようにするものです。IDやデータの標準フォーマットを作ることは、人々にパスポートや携帯電話、財産権を与えるようなものです。最初に引っ越した都市が気に入らなければ、移転して自分の持ち物(データ)をすべて持っていくことができます。あなたの友人は、同じ名前と番号であなたを見つけ、連絡を取り合うことができます(ID&フォローグラフ)。

この「アカウントポータビリティ」という機能は、ATプロトコル上で作られたアプリと他のサイトとの最も重要な違いの一つですが、私たちはアルゴリズムによる選択やコンポーザブルモデレーションにも取り組んでおり、その詳細はリンク先のブログ記事でご覧いただけます。

Blueskyの会社構成はどうなっていますか?

Blueskyという会社は、Public Benefit LLCです。ジェイ・グラバーとBlueskyのチームが所有しています。ジャック・ドーシーとジェレミー・ミラーは、ジェイとともに取締役を務めています。Bluesky PBLLCのガバナンスと構造について、私たちが過去に発表した内容は、最初の発表、ブログの他の記事、ソーシャルメディアでご確認ください。

BlueskyとTwitterの関係はどうなっていますか?

Blueskyは当初、ジャック・ドーシーが2019年にTwitterのCEOだったときにキックオフしたプロジェクトでした。ジャックはBlueskyを率いるジェイを選び、TwitterはBlueskyのサービス収入を支払って、いつかクライアントになれるような公開会話用のオープンなソーシャルプロトコルを構築しました。Blueskyは2021年の設立以来、独立した企業であった。

2022年後半、TwitterはBlueskyとのサービス契約を切断することを選択し、Blueskyもそれに同意した。Bluesky PBLLCは、”オープンで分散化された公共の会話のための技術を開発し、大規模な採用を促進する “という設立当初の使命を追求し続けています。

アプリには何人くらいいるのですか?また、招待者の計画はどうなっていますか?

2月に数百人のベータテスターをアプリに導入し、4月末には5万人を超えるユーザーになりました。今後は、プロトコルの開発に重点を置きつつ、健全な会話ができるようなネットワークを作るために、私たちの判断で招待制度を拡大していく予定です。

また、ネットワークが有機的に成長することを望んでいるため、現在、ほとんどの招待は既存のBlueskyユーザーを通じて行われています。新規ユーザーは、アプリを起動してから2週間ごとに1つの招待コードを受け取ります。私たちは定期的にソーシャルグラフをモニターし、もし特定のユーザーから招待があった場合は、そのユーザーと連絡を取るようにしています。

Translated with DeepL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ