古舘伊知郎、報道ステーション 最後の言葉 とは?

投稿日と更新日

テレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)の古舘伊知郎キャスター(61)が31日、最後の出演を終えました。12年間のキャスター生活にピリオドを打ちました。最後の言葉が話題になっています。

「私のわがままで辞めさせていただく。正直、窮屈になってきた。もう少し、自分ありのまま言葉で、皆さまを楽しませたいという欲求が出てきた。12年間支えたという自負もある。一部でプレッシャーがかかり、私が辞めるとか、辞めさせられるという話もあったが、一切ありません。支持してくれる人にとってみれば、辞めるのは裏切り。私のわがままです」

古舘伊知郎 最後の言葉 報道ステーション

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ