タモリ自作エフェクターでギターを演奏
   

タモリ自作エフェクターでギターを演奏

2015/11/10

20121110-193658.jpg

20121110-193708.jpg

この前のタモリ倶楽部で自作FUZZを作るという回でした。
ハンダゴテで自作の回路でエフェクターを作り、
それを使ってタモリさんがギターを弾いていました。

FUZZとは

基本的にはエレクトリックギター用のエフェクターである、1960年代当時の楽曲に於いてはエレクトリックベースやボーカルなどにも使用された。効果は、原音には存在しない倍音が著しく付加され、調整によって耳に刺激的、あるいは濁った音色で、ファズ(fuzz、毛羽立った)という名前もそれに由来する(特にジミ・ヘンドリックスが利用した「FUZZ FACE」は、この時期のファズを代表する機種である)。

wiki

 

このタモリ倶楽部の内容詳細。

11月9日(金)深夜の「タモリ倶楽部」(テレビ朝日)で「ジミ・ヘンドリクス生誕70周年記念 最もノイジーなお手製ファズを作ろう!!」が放送され、フットボールアワーが登場する。

ジミヘンの愛称でも親しまれるギタリストのジミ・ヘンドリクスの生誕70周年を記念して行われる今回の企画。出演者達は、エレキギター用のエフェクターの一種で1960年代にジミヘンが使用したことをきっかけに流行したファズの手作りに挑戦する。

番組にはken(L’Arc-en-Ciel)、ROLLYといった本職のミュージシャンが登場。フットやタモリはその原理や部品選びのコツを彼らに学ぶ。ギターの腕前に定評のある後藤や音楽に造詣の深い岩尾、そしてタモリの言動にぜひ注目しよう。

 

タモリ倶楽部

 

テレビ朝日 2012年11月9日(金) 24:20 ~ 24:50
<出演者>
タモリ
フットボールアワー / ken(L’Arc-en-Ciel) / ROLLY
ソラミミスト:安斎肇

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネタ」をもっと詳しく

ネタ

についてもっと見る

コメント大歓迎

“タモリ自作エフェクターでギターを演奏” への2件のフィードバック

  1. attrip より:

    タモリさんが演奏する貴重な画像なのでそれだけでOK

  2. attrip より:

    ちなみに演奏は、下手くそでした。エアーギターの方がうまそう。