WimaxのモバイルルーターWM3500RとWM3600Rの違い
   

WimaxのモバイルルーターWM3500RとWM3600Rの違い

2015/04/21アバター

ぼくは、まだWM3500Rなのですが、とっても気に入っています。
家にdocとして置けるし。

FacebookでWimaxのページで違いについて説明していたので
転載しておきたい。

WM3600RはWM3500Rがコンパクトになっただけではないんです。実は、まったくの別物といっても過言ではありません。
従来比で、容積が20%以上コンパクトになっているにも関わらず、バッテリーの持ち時間は大幅に進化。新たに追加になった「休止モード」で250時間、「ウェイティングモード」で17時間も使えるので、「電源切り忘れて、しまった!」ということもなくなるのではないでしょうか?

さらに便利なのは、事前に設定しておけば、WiMAXが入らないエリアで公衆Wi-Fiサービスに切り替えて接続する機能。新幹線や地下鉄などでは、公衆Wi-Fiを利用したいというニーズも多いですしね。もちろん切替は自動です。

おまけに、スマホユーザにフォーカスし、AndroidやiPhoneに対応した便利アプリを公式に提供しています。アプリはバージョンアップができますので、今後、機能が充実していくことになるでしょう。そう、WM3600Rは「進化するモバイル
ルーター」なのです。

公衆無線LANの自動切換え機能は、うれしいなー!


B0071F0R1O


日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3600R ブラック PA-WM3600R(AT)B

☆Amazonで購入☆


B0071F0Q92


日本電気 AtermWM3600R用クレードル PA-WM06C

☆Amazonで購入☆

グレードルも売ってるね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WiMAX」をもっと詳しく

WiMAX

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。