ユーザ定義してその人向けの販売方法を考える指標
   

ユーザ定義してその人向けの販売方法を考える指標

2015/04/16

最近ユーザを定義してその人にたして

何かものを売りたい場合どうしたらいいのか?

というブログが沢山書かれているみたいです。

Google 画像検索結果:

参考画像:山形の商売繁盛のお祭りの様子

 

その中で言葉を定義してアクションを確認する方法がいくつか紹介されていたのでまとめてみます。

AISCEASの法則に従って|インターネットコンサル 横山直広のブログ

 

ものを買うまでにユーザは、上記のような行動をとります。

そのなかでいかにアピールできるか検討してみましょう。

 

▲また実際どんなアピールをすればいいのか?

何でやらないの?繁盛店がやっている 本当に売れる「AIDMAの法則」 | お土産屋さんブログ

 

こちらのブログのように具体的なアクションがとるのが良さそうですね。

 

またgoogle+では、こんな意見をもらいました。

via nori fukuro  参考シェア

以前、自動車販売をしていた時、やり手の経営者に「買わない理由を無くしたら売れるんだよ。」と教えられましたが、まさにコレですね。こうやって体系化してあると解りやすい

 

まとめ

商品数は、少ない。

けどどうやってPRしたらいいのかわからない人は、これらを参考にして

商品数がすくなくてもやれることは、沢山あるのでやってみるといいと思います。

コトラーのマーケティング・コンセプト
4492554769

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネタ」をもっと詳しく

ネタ

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。