Facebook機能を作る際にOGPを確認するのにURLリンター が便利だぞ!

2020/01/27アバター

urlリンター とは

Facebookでシェアしたときの画像やテキストを確認する機能です。

しかし、いまはシェアデバッカーという名前に変更されています。

 

URLリンター

 

以前は、URLリンターと言う名前ですが、現在は、
Debugger – Facebook開発者
http://developers.facebook.com/tools/debug

追記 名前がDebuggerに変わっていた。

Debugger - Facebook開発者

Debugger – Facebook開発者

 

これ便利ですね!

OGPを設定する

こちらでurlを入れる事で、何のogpのタグが足らないのかどうしたらいいのか

すぐ判断できます。

例えば、このurl

http://www.toshimaku-town.com/mypage/ts025962

こんな感じでいれます。

http://developers.facebook.com/tools/lint?url=http://www.toshimaku-town.com/mypage/ts025962

そうすると

以下の情報が出来ますので、

あっ。。タイトルとサイトNAMEが一緒になっているので、

サイトネームは、豊島区タウン

タイトルは、 e-まちタウン株式会社 宣伝・広告

ですよね?

という判断が、OGPの設定する際に便利ですね。

Typeactivity
Admins100001747267289
Descriptione-まちタウン株式会社の各種サービス内容や地図情報などを紹介しています。
Image
Title豊島区タウン e-まちタウン株式会社 宣伝・広告
Site Name豊島区タウン e-まちタウン株式会社 宣伝・広告
Site URLhttp://www.toshimaku-town.com/
URLhttp://www.toshimaku-town.com/mypage/ts025962

URLリンター – Facebook開発者

http://developers.facebook.com/tools/lint

引用元: URLリンター – Facebook開発者.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Facebook」をもっと詳しく

Facebook

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。