ジュール・ヴェルヌとは
   

ジュール・ヴェルヌとは

2015/04/16

ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne, 1828年2月8日 – 1905年3月24日)は、
フランスの小説家。

H・G・ウェルズとともにSFの開祖として知られ、SFの父とも呼ばれる。

日本人になじみの深いジュール・ヴェルヌの作品は、

4001145723

海底二万里 (上) (岩波少年文庫(572))

フランスの作家ジュール・ヴェルヌが1870年に発表した古典的SF冒険小説。

『グラント船長の子供たち』『神秘の島』とともに海洋三部作をなし、日本では『海底二万里』、『海底二万海里』、『海底二万リュー』、『海底二万マイル』などと訳される。

ネモ船長やノーチラス号など、魅惑的な人物や船舶で物語の核が紡がれ、多くの亜流のSF系作品が後に登場する。

ジュール・ヴェルヌの愛好家がつまるサイト

日本ジュール・ヴェルヌ研究会

http://julesverne.jpn.org/

Kyoto Shimbun News:フォトダイアリー

Kyoto Shimbun News:フォトダイアリー

「海底2万里」などの作品で知られるフランスのSF作家ジュール・ベルヌの没後100年を記念して、故郷のナントで開かれたパレード。機械仕掛けの巨大な象は、冒険心と想像力に満ちた著作と同様、人々を魅了したようだ。(ロイター=共同)

フランス嫁入り日記 ある春の日の広場

フランス嫁入り日記 ある春の日の広場

La Machine de l’île(マシーン・ド・リル)にいる機械仕掛けの巨大象のデザイナーとナント市が協力して、エコロジーをテーマにしたイベントの様子。

『空飛ぶ緑の家』をテーマにしたアート。

ジュール・ベルヌの生誕の地ナントだけあって、彼の想像力を彷彿される。

参考url

ジュール・ヴェルヌ – Wikipedia

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネタ」をもっと詳しく

ネタ

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。