WordPressのタイトルタグを自動的に形態素解析してタグを生成するシステムをGPTを使って実現することは可能ですか?

投稿日と更新日

著者

以下に大まかな手順を示します:

  1. データの収集: WordPressの投稿タイトルを集めます。これはWordPressのデータベースにアクセスすることで可能です。
  2. 形態素解析: 形態素解析ライブラリ(例えば、日本語の場合はMeCabなど)を使ってタイトルを解析します。これにより、文章が個々の「形態素」(単語や単語の部分)に分割されます。
  3. GPTの訓練: 形態素解析を通じて得られたデータを用いてGPTモデルを訓練します。訓練の目的は、与えられた形態素解析の結果から最適なタグを生成することです。
  4. タグの生成: 訓練されたGPTモデルを使用して、新たな投稿タイトルからタグを生成します。このステップはWordPressの投稿が作成されるたびに自動的に行われます。

ただし、注意点として、OpenAIのGPT-3やそれ以降のモデルは、特定のタスクに対する訓練データを受け取ることはできません。つまり、ユーザーが自分のデータセットでGPTを訓練することはできません。代わりに、GPTは特定のタスクを実行するように「プロンプト」(指示)を与えることで使われます。

したがって、このシステムの実装には、GPTモデルを「プロンプト」するための適切な手法を見つけることが必要です。たとえば、「このタイトルに対して最適なタグを生成してください」というようなプロンプトを考えることができます。

さらに、GPTを使用したタグ生成の精度を高めるために、複数のタグ提案を生成し、最も適切なタグを選択するための追加のロジックを実装することも考慮すると良いでしょう。

プラグインはあるのか?

はい、そのようなプラグインが存在します。WordPress Automatic Pluginを使用すると、OpenAI GPT APIを利用して投稿のタイトルや内容から自動的にタグを生成することができます。具体的な手順は以下の通りです:

  1. カスタムフィールドを追加します。
  2. フィールド名を taxonomy_post_tagとします。
  3. 値として [gpt]return a list of comma separated tags from this title: [original_title][/gpt] を設定します。

これにより、投稿タイトルからカンマ区切りのタグのリストを自動生成し、それをWordPressのタグとして使用することが可能になります【9†source】。

ただし、このプラグインが形態素解析を具体的にどのように利用しているか、またその精度などの詳細は明らかにされていません。また、GPTは形態素解析器ではなく、自然言語を理解し生成するための一般的なAIモデルであることを理解しておいてください。したがって、特定の形態素解析の結果を期待する場合、このプラグインが必ずしも望む結果を提供するとは限らない可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ