花にはなれない

投稿日と更新日

著者

「花を踊る事は出来なかった、花になるしか無いと気づいた、だけどなかなか花にはなれない」

この言葉は、自分の望む姿や目標になることが難しいという感情を表現しているようです。言葉の中で、「花を踊る」という部分は、おそらく花の美しさや優雅さを目指して努力している様子を表しています。しかし、「花になるしか無いと気づいた」という部分は、その目標に達するためには自分自身が花にならなければならないことを悟ったことを示唆しています。

ただ、最後の「だけどなかなか花にはなれない」という言葉は、変革や変身が容易ではなく、自分が望む姿になることが困難であることを表しています。この言葉は、多くの人が自己変革や目標達成に向かって努力する中で感じる挫折や困難を共感を呼ぶ表現として捉えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
かんじんなことは、

目に見えないんだよ。

– サン=テグジュペリ『星の王子さま』より

attrip→スレッズ