江戸時代、箱庭のルーツがかっこよすぎる!
   

江戸時代、箱庭のルーツがかっこよすぎる!

2018/11/27

箱庭のルーツ

箱庭とは、盆の上に石や木を配して山水風景を作る中国由来の盆栽「占景盤」がルーツ

気になったので関連しそうな書籍もさがしました。こちらが近いかな。

現代の暮らしのシーンに似合うモダン盆景を紹介し、つくり方や管理方法などを解説します。
講師は日本園芸協会盆栽士で「苔盆」づくりの第一人者である木村日出資さん。
そして、盆栽の伝統を守りつつモダンなインテリアにも調和する「カフェボン」づくりを提唱し、テレビや講演会などで幅広く活躍して
いる「福島園」三代目園主・福島孝之さんです。気軽に、楽しく、自分の部屋にあう一鉢を作るための格好の入門書となります。

第一章 占景盤とモダン盆景「遊び」の道具
占景盤の歴史と概要、盆栽の種類と基本樹形、流木でつくるオリジナルの器、等

第二章 モダン盆景のつくり方
モダン盆景作りに使う基本道具、占景盤のつくり方、石付盆景のつくり方

第三章 名庭を訪ねる
足立美術館「寿立庵の庭」「苔庭」「枯山水庭」「白砂青松庭」、重森三玲庭園美術館「無字庵庭園」

4528016354

モダン盆景

スポンサーリンク

スポンサーリンク

盆栽」をもっと詳しく

盆栽

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。