スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣
   

何もしないで失敗するよりなにかやって失敗したほうが良い

2017/11/02アバター

何もやらないで失敗するよりなにかやって失敗した方がいい。
何もやらないで失敗する確率より
何かやって2%の確率で当たる方が良い。

 

やろうとすることと行動するの違い

「やろうとする」ことと、実際に「行動する」ことには大きな違いがある。この二つは別物だ。この二つを一緒にするから問題が起こる。

バーナード・ロス

やろうとおもったときには、既に誰かがやっている。速く始めたほうがいい。これは、ぼくが20歳くらいから思っていることだしやっていることだ。

成功する確率は2%だからやって失敗しろ

成功を求めるなら、勝算の確率は意味がない。どんな道を選んでも、成功する確率は2パーセントくらいだ。しかし、自分がその2パーセントに入れば、自分にとっての成功率は100パーセントになる。大ばくちの見返りは、えてして大きいものだ。

バーナード・ロス

成功する確率は2%くらいだ。ぼくもこのサイトをやって失敗した。でも、まだ続けている。もう一度成功するためには、50倍努力しないとだめだ。

とにかくやれ

正しい行動の道が開けるのを何もせずに待つより、何か行動を起こして失敗するほうがいいということだ。行動重視の姿勢を取るならば、失敗は予期すべき結果の一部にすぎない。この考え方なら、不確定なことに直面しても、立ちすくんだりはしない。

バーナード・ロス

スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣

スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣

スポンサーリンク

スポンサーリンク

名言」をもっと詳しく

名言

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。