貧乏外国人旅行家の大阪旅行術がやばいwwww安宿代わりにラブホ使うとかwwww
   

貧乏外国人旅行家の大阪旅行術がやばいwwww安宿代わりにラブホ使うとかwwww

2017/03/16

東南アジアとか物価が安いところを旅行してるといつも思うのが「日本旅行してる外国人、リッチすぎじゃない?」ってことです。一食普通に食べたら800円くらい、宿もめっちゃ安いところ探して2000円から3000円とまあ高い。交通機関なんかも高くて、数週間日本で遊んでたらすごい額になりそうです。

貧乏旅行をしている外国人旅行家はどうやって日本を楽しんでるのでしょうか?

貧乏旅行家はアメリカ人ルーカスさん

NYタイムスの「Enjoying Osaka’s Famous Food, Without Breaking the Bank(破産せずに大阪の有名グルメを楽しむ)」って記事では、「倹約旅行家」を名乗るルーカスさんがお金をなるべくかけない大阪旅行術を紹介してます。

ストリートフードを食べてラブホに泊まれwwww

ルーカスさんいわく、大阪ではストリートフード(まあ、大阪って屋台の串焼きとかたこ焼き屋さんとか普通にありますもんね)を食べて、ラブホテルに泊まればかなり安く大阪旅行を楽しめるらしいですw

なかでもラブホテルには興奮気味らしく、「安いのに空調、証明パネル、カラオケあるし楽しい!!!!」とのこと。

あと、最近大阪旅行が外国人にとって人気になりつつあるらしいです。

詳しい解説は訪日ラボ

https://honichi.com/14432

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウェブサイト紹介 | 訪日」をもっと詳しく

ウェブサイト紹介 | 訪日

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。