6つに割れた腹筋を効率的に作る方法。シックスパックと体脂肪の関係。

2015/06/15アバター

 

はいこんにちは高稲です!

あなたは腹筋の割り方を知っていますか?

今日は腹筋の割り方を教えます!

 

6つに割れた腹筋を効率的に作る方法

シックスパックと体脂肪率の関係

まず腹筋が割れて見えるには、体脂肪率が関係してきます。
5段階にレベル分けするとこんな感じ。

レベル1:体脂肪率19%以上「割れていない」
レベル2:体脂肪率15〜18%「うっすら割れている」
レベル3:体脂肪率10〜14%「割れている」
レベル4:体脂肪率7〜9%「かなり割れている」
レベル5:体脂肪率6%以下「腹筋バキバキ」
※実際には筋肉量で見え方に個人差はあります。

頑張ってクランチをやる前に、まず体脂肪率をレベル2の段階まで持ってくる必要があります。

例えば、「体脂肪率25%・30歳・男性」の場合でいうと、あと7%体脂肪率を落とす必要があります。

この段階で最も有効なのは「食事管理」

太り難い食べ物を選んで食べるだけで、カロリーは標準レベルで摂取しても、体脂肪は1ヶ月で2〜3%は落ちます。それだけ食事というのは大切なものです。

あと4〜5%体脂肪率を落とさないといけませんが、この段階で最も有効なのは「ウェイトトレーニング+有酸素運動」です。

週3回トレーニングするなら、2〜3ヶ月でレベル2の18%まで体脂肪率を落とせます。

この段階まできたら、今度は腹筋を直接鍛えた方が見栄えが良くなってきます。

逆に言うと、体脂肪率が高い段階で腹筋トレーニングをしても、脂肪に隠れて腹筋が全く見えてこないという事です。

【まとめ】
6つに割れた腹筋を効率的に作るには、
①体脂肪率が18%以下になるまで食事管理とウェイトトレーニング+有酸素運動を2〜3ヶ月間行う。
②体脂肪率が18%以下になったら、腹筋トレーニングをトレーニングルーティンに組み込む。
③体脂肪率を下げれば下げる程、腹筋トレーニングを行えば行う程、腹筋がくっきり割れて見えるようになる。

 

よくある失敗例

①を飛ばしていきなり②から行い、成果が見えないから途中で諦めてダイエット終了、というパターンですね。

私の写真で見ると分かりやすいですが、①の時、体脂肪率15%からスタート。

その後、食事管理で徐々に体脂肪率を減らしながら腹筋トレーニングを行いました。

30日後には体脂肪率7%まで減らして、腹筋がくっきり割れているのが分かると思います。

私のように最初から体脂肪率が18%を切っている場合は比較的簡単に腹筋を割る事が出来ます。

逆に19%以上体脂肪率がある場合は、ウェイトトレーニング+有酸素運動を行わなければいけないので、この時点でかなりの人が脱落していきます。

ウェイトトレーニング+有酸素運動を避けて、食事管理だけで体脂肪率を下げようとすると、結局数ヶ月後にリバウンドしてしまいます。

もう一回まとめておきます。

【まとめ2】
①体脂肪率が19%以上の場合はウェイトトレーニング+有酸素運動を避けない事。
②食事管理のみで体脂肪率を落とすと、数ヶ月後にリバウンドが待っている。

我ながら、結構良い感じでまとめられました(笑)

結構単純な話で、腹筋を割る方法は確立されています。

あとはその方法をしっかり守れるかだけですね。

今日は「6つに割れた腹筋を効率的に作る方法」をお届け致しました〜

 

以上です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダイエット | 筋トレ」をもっと詳しく

ダイエット | 筋トレ

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。