無意識に選ぶ「服の色」でわかる心理状態と性格タイプ が話題に

2017/06/06

大好きなってあるよね。ついついい選んでしまう無意識に選ぶ色。その心理状態と性格を表にした図が話題になっています。

CC7KfrUVEAATmTG

無意識に選ぶ「の色」でわかる心理状態と性格タイプ話題に。

自分が無意識に選んでいる服の色ってありますよね。ぼくが選ぶことの多いのは、青、緑、黄。

11色のプラスの心理とマイナスの心理を綺麗にまとめていて興味深いですね。

11色は、グレー、ピンク赤、黄、紫、黒、白、青、緑、オレンジ、茶についてです。

 

ちなみにぼくがよく選ぶ3色はこんな感じになっている。

+協調性・礼儀正しく謙虚・献身的

-内向的・完璧主義

 

+平和主義・真面目さ・癒やし

-内向的・完璧主義

 

黄色

+好奇心旺盛・上昇志向がある・ユニーク

-飽きっぽい・寂しがり屋

 

 

このツイートが話題になっていました。

更にリンク先には、それぞれの色について詳しくまとめられていました。

無意識に選ぶ「服の色」でわかる心理状態と性格タイプ – NAVER まとめ

色について

ぼくは、意識的に黄色を使うようにしている。黄色といえば、安い!ってイメージ。このサイトもちょっとB級ぽいイメージで楽しんでもらえるようにと背景色などは、黄色を使っている。

 

この色に対するプラスのこととマイナスのところを見ると

+好奇心旺盛・上昇志向がある・ユニーク

-飽きっぽい・寂しがり屋

ってことですが、なんとなくイメージにあっている。寂しがり屋で飽きっぽいというのも的を得ている気がします。

あなたの選ぶ色は、何ですか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ウェブサイト紹介 | ツイッターで話題」をもっと詳しく

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。