「こたつでミカン」が激減している
   

「こたつでミカン」が激減している

2018/12/26アバター

79efb8dbb28a830a7f1ac628908ed0fb

「こたつでミカン」が激減している

このデータによるとミカンもこたつも人気が落ちている。

20140125-00000572-san-000-3-view

 特にこたつの人気がものすごい勢いで減っている。

みかんを食べるシュチュエーションがこたつの需要と比例している

「みかんの消費が減っていて伸ばさないといけないと、関係者と議論したんです。すると、昔こたつでみかんを食べていたけど、最近は減ったということになった。つまり『食べるシチュエーション』がなくなっていると気づいたわけです」

こたつとみかんの減少の相関関係は「だれもきちんと調べておらず、あくまで仮説」というが、「食べるシチュエーション」を取り戻そうと、会社のデスクや台所のテーブルでみかんを置く運動をしており、大企業も協力している。

「おこたでミカン」の光景、どこへ消えた…電気こたつの国内生産“激減”:イザ!

食べている場所や雰囲気っていうのがイメージにつながっていることから台所で食べるようなイメージ作りをしているという。ミカン業界。

たしかに、みかんをおばあちゃん家のこたつで食べるイメージから抜け出せない。

最近友達にミカンをもらって嬉しかったんだけど、自分から率先して買わなくなっている。

コタツがなかったからか・・

最近は、コタツ人気下げ止まり再びコタツが人気に!

消費電力が少なくて魅力的なコタツ

家電量販店で、暖房器具などでコタツの消費電力を見ると省電力が少なくあたたまるということで人気がでてきている。

大地震の後節電する流れにのり人気が出てk知恵いる。

コミュニケーションの場所として魅力を再評価されている。

海外で人気集めるこたつ

なぜ、生活文化の異なる外国人に、こたつが注目されているので
しょうか?

外国人が集うシェアハウスで調査。
共同のリビングルームでは、昨シーズンから導入されたこたつが、各国の住人達に大人気となっていました。

こたつは、外国人にとって、興味ある日本文化の体験となるだけでなく、そこに親近感が生まれることにも、大きな魅力を感じているようでした。

外国人も絶賛!こたつの魅力リターンズ日本テレビ(2013年1月31日)
「欧州にこたつを」初の販売会、日本愛に満ちたフランス人男性の挑戦。

こたつ減少でミカン消費も減少

「コンビニやファストフードの発達、食の欧米化や外部化など理由はいろいろ言われていますが、みかんの場合は日本人の生活様式が大きく変わった影響がとても大きい。日本の冬につきものだったコタツがない家が増えたのと合わせるように、みかんの消費が減っています。コタツに代表されるような、生活する上でみかんを手に取る環境が減っているのだろうと推察しています」(前出・近藤さん)


日本人のみかん離れはコタツ減とリンク 消費量はバナナ首位│NEWSポストセブン

こたつ保有率が高い都道府県は

エイチームのグループ会社である引越し侍はこのほど、同社が運営する引越し比較・予約サイト「引越し侍」の利用者へ実施したアンケート結果を元に、「都道府県別こたつ保有率ランキング」を公開した。同調査は2012年12月~2013年1月にかけて、同サイトを利用の上、実際に引越しをした人を対象にインターネットアンケートにて実施。回答者の中から、無作為に5,000サンプルを抽出した。

こたつの保有率が高い都道府県ランキング -“北海道”の意外な順位とは……? | マイナビニュース

B00ET0N1VW

木製 折れ脚 こたつ(フラットヒーター) フラットモリス 75x75cm ナチュラル

B001IBDSU4


和歌山 有田直送ふぞろい 有田みかん 5kg (早生系品種) [訳あり]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

データ」をもっと詳しく

データ

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。