カスタマージャーニー分析とはどんなものか?

2017/02/23アバター

カスタマージャーニー分析とはどんなものか?

ユーザが商品を購入するまでの流れを分析し、どのように購入する人達と接触すべきか分析したものです。

商品によっては、amazonで検索してすぐ購入するかもしれません。

高額なサービス、例えばセキュリティシステムみたいなものを購入する際には、いくつかのサイトで評判を見てから更にサービスサイトをくまなくみて何度か訪れた際に問い合わせや購入に至るかもしれません。

 

この画像は、人間の1日のサイクルとともに商品購入に至るまでのながれを可視化した図です。

20130606214621
(参照:Customer Journey Mapping | Customer Experience Planning

1日のうちテレビを見る時間や、家からでた間のスマートフォンでたまたま見たニュースの中に入っていた広告に商品が表示されてそれがキッカケで購入に至っているかもしれません。

具体的にどのような商品を売ろうと考えている人には、こちらのサイトもオススメです。

Googleが提供するカスマージャーニーのサイトです。
Googleの持つビックデータから商品購買までの流れを可視化したものです。
いくつかの商品

などを選びどのように商品を購入しているのか?
大まかなデータを見ることが出来ます。
もし広告担当の人などは、このデータを元にどのようにして購入してもらえそうな人にリーチすべきか考えてみるのも良いかと思います。
この画像は、Googleのかスマージャーニーのサイトから日本でテクノロジー関連の商品を購入するまでの流れです。
まずは、ソーシャルメディアで知ることになり。
次に、広告の検索結果から知ることになりその後オーガニック検索でしらべて、さらにもう一度広告経由の検索から購入にいたるなどを経て購入することが多いようです。
日本におけるテクノロジーの購買までの流れ

customer journey
http://think.withgoogle.com/customer-journey-to-purchase/

 

これらのデータを元に何をすべきか?

知ってもらうための流れを明確にし、アクセス解析の結果や広告のデータを元にどの部分を伸ばせば購入してもらえることになるのか?明確にしていくことでどの部分に予算を投下しユーザに知ってもらえるのかを可視化し実行できる環境を整えましょう。

 

 参考になりそうな資料も置いておきます。

内野さんのスライドシェアーがとてもわかりやすい。

「実践的」カスタマージャーニー分析のすすめ from Akihiko Uchino

英語が読めるならこちらも読んでおきましょう。

マッキンゼー マーケティング&セールスによる資料。

Customer Journey Analytics and Big Data from McKinsey on Marketing & Sales

 このブログでも紹介した内野さんが弊社でセミナーをやってくれることになりました。

ぼくも、とても興味がある話なので聞きに行こうと思っています。

タイトルにGoogleアナリティクスプレミアムで実践すると書いてあるので何千万PVもあるサイトの人向けみたいになっていますが、もう少し小さな規模のサイト運営者の方でも楽しめる内容になるかなって思っています。

 

開催決定!「Googleアナリティクスプレミアムで実践する、カスタマージャーニーセミナー」 | 株式会社イー・エージェンシー
http://www.e-agency.co.jp/seminar20140122.html

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Googleアナリティクス | データ」をもっと詳しく

Googleアナリティクス | データ

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。