WordPress専用クラウドサーバーSova WPでCDNを使いサイトの速度を改善しました。

2016/02/02アバター

WordPress専用クラウドサーバーSova WPCDNを使いサイト速度を改善しました。

CDNとは

画像などのデータを事前にキャッシュしてユーザにキャッシュされた画像を出すことで
速度を改善する。サービス。

CDNって設定難しそう・・・

CDNの設定って難しそうだなー。と思って踏ん切りがつかなかった。
あと海外のCDNサービスが無料で使えるけど実際スペックの良いサーバを使っていると速度がそんなに変わらなかった。

SOVAのCDNサービスを使ってみた。

設定方法は、簡単。
wp super cash がサポートしているのでCDNの設定項目を入れるだけ。
あとCDNのIPをふっておくだけ。

SOVAのCDNサービスを使ってみた感想

画像ファイルは、自動的にCDNで分散された画像を読み込むようになる。
実際確認してもらいたいのは、僕のサイトの画像のurlを見てもらうとわかりやすいです。

 
CDN

 
例えばこの画像を上げると、通常は、
https://attrip.jp/wp-content/uploads/2013/10/CDN.png
こんなurlになりますが、自動的にキャッシュされユーザにはこのアドレスで配信されるようになる。

http://2.cdn.attrip.jp/wp-content/uploads/2013/10/CDN.png
 

CDNサービスを入れて更にサーバの環境を良くなったattripの速度

atrripのサイトは、一度キャッシュされている記事であれば
約1秒でサイトが開くようになります。

ソーシャルメディア関連の表示は、少し送れてから表示されます。

このサービスは、Wordpressのビジネスプランのみの提供のようです。

まだベータ版なのでなんともいえますが。画像が多い僕のサイトは、効果てきめんでした。おすすめです。

WordPress専用クラウドサーバー Sova WP

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WordPress」をもっと詳しく

WordPress

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。