カスタムフィールドを簡単に使うためのWordPressプラグイン、Advanced Custom Fields

2015/02/18アバター

WordPress › Advanced Custom Fields « WordPress Plugins

カスタムフィールドを簡単に使うためのプラグイン

Advanced Custom Fieldsの紹介

WordPressでカスタムフィールドを使って記事ごとに独自のデータを好きなところに表示したい時ってありますよね。

通常のWordPressのタグにもカスタムフィールドを設定するのがデフォルトであるんですが、

ちょっと呼び出すのに思い出すのがめんどくさいんです。

 

そんなとき

Advanced Custom Fieldsを使ってみよう!

 

このプラグインを使うとこんなに簡単に表示することが可能。

プラグインをインストールすると

カスタムフィールド

管理画面上にカスタムフィールドの設定画面が出てきます。

カスタムフィールド2

管理画面からもカスタムフィールドの追加が出来る。

最低限必要なのは、上部にある3項目

試しに今日の一言というのカスタムフィールドを作成。

フィールドラベルは、自分でなんのフィールドか認識するために使います。日本語でOK

フィールド名は、表示をするために必要なIDです。呼び出すときに使います。

フィールドタイプは、今回は、テキストだけだしたいのでテキストにしてあります。

カスタムフィールドの設定

メタデータを呼び出すタグはAdvanced Custom Fields独自の関数を使います。

今回は、hitokotoというフィールドタイプを使うのでこのように記述します。

<?php the_field("hitokoto"$post->ID); ?>

 

記事上では、このように入力欄を作ることが出来る。

記事上にこんな風に入れれるようになる。

 

 

Advanced Custom Fieldsのダウンロードは、こちらから。

WordPress › Advanced Custom Fields « WordPress Plugins
http://WordPress.org/plugins/advanced-custom-fields/

 

これがサンプル↓

昨日楽しかったなー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WordPress」をもっと詳しく

WordPress

についてもっと見る

コメント大歓迎

コメントは受け付けていません。