ソーシャルメディアの時代には社員犬

スポンサーリンク

ソーシャルメディアを意識するならば、社員犬は、いた方がいい。

理由は、簡単だ。
いくら良いwebサービスをつくったりしても必ずしもいいね!しずらいのである。

現在ぼくは、そうである。
そうならないようにFacebookでは、なるべく自分の個人のアカウントに
仕事の話を持っていかないように気を使っているつもりである。

そもそもwebの前に一日中座って仕事をしているのだから、面白い話題とかでみんなでワイワイしたいのだが、そうもいかないのである。

理由は、高校の友達や、昔の音楽だけで繋がっている友達には、単なるノイズでしかないのである。

そこで、企業としてFacebookページを利用する場合を考えてみよう。

web関連の企業であれば、自社サービスを紹介する為に、使う人も多いだろうが、同じようなサービスの紹介ばかりでは

それをいいね!して自分のウォールに流れてしまって、一般ユーザとしては、いいね!しずらい。

そこで社員犬の登場である。ここでは、社員犬としたが、マスコットキャラクターでもいいと思う。

ソーシャルメディアの時代には社員犬

犬であれば、いいね!しても不愉快に思う人も少ないでしょう。それが、大事である。

いいか悪いかというよりも、不愉快にさせないが、大切かと思う。

ソーシャルメディアの時代には社員犬

Facebookページを運用していて、効果ないよね。
なんて思って汗書いている人は、ぜひ試してみては?

 

 

追記

この文章がまわってぐるなびの犬ががんばれるきがする!とメッセージいただいた。

ソーシャルメディアの時代には社員犬

 

 

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク

ankerのライトニングケーブル
anker充電機器
この記事を書いたのはです!

アットトリップです。このブログの管理人です。
著書:Facebookコミニティ成功の法則


ソーシャルメディアの時代には社員犬

ソーシャルメディアの時代には社員犬

タグ: , , , , ,

記事URL:http://attrip.jp/30332/


フォローよろしくお願いいたします。

mautic is open source marketing automation
お問い合わせこのサイトについてサイトマップ広告のご掲載について
おもしろ動画レシピ筋トレストレッチ糖質制限ダイエット