生筋子から作る美味しいいくらの醤油漬け2種(醤油漬け・柚子醤油漬け)

スポンサーリンク

あつあつのごはんにいくらの醤油漬け!こんなに美味しいものはなかなかありませんね!

実は9月から10月にかけて魚屋さんに出回る生筋子を使って、意外と簡単に美味しいいくらの醤油漬けが作れちゃうんです!北海道産の新鮮な生筋子が手に入ったら、ぜひご家庭で作ってみてください!

漬ける時間が6時間以上と少し待たなくてはなりませんが、自分の好みの味にできる上、冷蔵庫で1週間保存できます。さらに、冷凍保存もできるので、一度にたくさん作っておくのもおすすめです!

材料

(生筋子 約400g分。4人でたっぷり食べられるくらいの量です。)

・北海道産生筋子 約400g (1/2腹・1本分)※網走産なら最高!

・塩 大さじ2

・柚子 1/2個

・42℃前後のお湯 たくさん(給湯が便利)

【漬け汁】

・醤油 75cc

・酒 (料理酒ではないもの)30cc

・水 30cc

・みりん 20cc

作り方

1.ボールにお湯を1Lほど張り、塩大さじ1/2を入れ、生筋子をほぐす。お湯が濁ってきたらお湯を捨てて、またほぐす。5.6回ほど繰り返すとほとんどの筋と皮が綺麗に取れます。

※詳しくはポイント参照↓。

同時に、漬け汁を全て小さい鍋に入れ、一度沸かします。その後、氷水を張ったフライパンなどに鍋ごと入れて、漬け汁を冷やしておきます。

★ほぐし方のポイント★

・お湯1に対した塩は大さじ1/2程度。あまり神経質にならなくて大丈夫です。

・最初の2、3回はお湯に塩を入れてほぐした方がよいですが、そのあとはお湯だけで大丈夫です。

・ほぐし始めは、生筋子に親指の腹を当て、押し出すようにすると、簡単にするするといくらが取れます。けっこう大胆にやってもいくらはほとんど潰れません。

・大きな皮が取れたら、お湯を取り替えます。指先でいくらをゆするようにして洗うと小さい皮や筋が取れて、お湯の上方に浮いてきます。そしたら、上澄みを捨てて、同じことを繰り返してください。

・5.6回お湯を取り替えた頃にはほとんどの筋や皮は取れます。

・筋や皮がたくさん残っていると生臭さの原因になりますが、あまり神経質にならなくて良いと思います。やりすぎるといくらに火が入りすぎてしまいます。

・お湯でほぐすといくらは白く濁りますが、大丈夫!!!!

醤油漬けにした途端、綺麗な透明に戻ります。←とても面白いです!

2.綺麗になったいくらの水気を切って、半量ずつ2枚のジップロックに入れます。

1つは、冷やした漬け汁半量を注いでそのまま冷蔵庫へ。もう1つは漬け汁半量と柚子の皮少々、柚子の絞り汁(1/2個分・種ごと)を加えて冷蔵庫へ。

3.冷蔵庫で6時間以上冷やしたら出来上がり!炊きたてのごはんにたっぷりのせて召し上がれ!!

※3時間くらいから食べられますが、やはり6時間を超えると美味しさがぐんとアップします!

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

スポンサーリンク

ankerのライトニングケーブル
anker充電機器
この記事を書いたのはです!

アットトリップです。このブログの管理人です。
著書:Facebookコミニティ成功の法則


生筋子から作る美味しいいくらの醤油漬け2種(醤油漬け・柚子醤油漬け)

生筋子から作る美味しいいくらの醤油漬け2種(醤油漬け・柚子醤油漬け)

タグ: , , , ,

記事URL:http://attrip.jp/181577/


フォローよろしくお願いいたします。

mautic is open source marketing automation
お問い合わせこのサイトについてサイトマップ広告のご掲載について
おもしろ動画レシピ筋トレストレッチ糖質制限ダイエット